鯉カバーTATTOO

注文、落書き彫りによる腕のカバーアップ

 

画像での腕の内側はさほど落書き彫りが少なかったため、

メーンとなる鯉を持ってくることで見た目にはカバーアップとはまず

わからないような仕上がりになりました。

 

過去にもいくつかカバーアップは掲載いたしましたが

まったくわからないようにカバーするには、

お客様のご希望のサイズ、絵柄ではできないこともあります。

より、きれいにカバーできる方法もこちらからご提案させていただきます。

お悩みの方は、まずはご相談だけでもどうぞおこしくだい。